ロボット植毛のメリット・デメリット

ロボット植毛とは?

ロボット植毛と聞くと、髪の毛を採取から植え付けまですべて機械がオートメーション化されたシステムでおこなうようなイメージがありますが、あくまでも移植する髪の採取のみ
それ以外は人の手を加えておこないます。

ロボット(ARTAS)が採取した移植する髪、つまりはドナーの植え付けは1本ずつ手作業でおこなわれるのです。これは同時に、ドナーの無駄を省くものともなります。

ARTASには、1秒間に50回撮影できる高性能CCDカメラが4つ備わっており、カメラで撮影したデータから髪の状態を把握し、医師がモニタリングしてコントロールしていきます。
ARTASが備えるニードルシステムで正確に髪の毛を採取。
医師ではなかなかできない機械ならではの正確性で、効率的におこなうのです。

とはいえ、今はほとんど見られなくなったものの、クリニックによっては採取から植え付けまでロボットがやることもあります。全部を任せずに一部だけを任せるようになったのは、植え付けの失敗や生着率が低かったことからのようです。

ロボット植毛によるメリット・デメリット

ロボット植毛のメリットとしては、ドナーを採取するのがロボットなので施術を担当する人による差がなく、ドナーを採取する際にメスを使わないので傷跡が残らない、医師が手作業でやるよりも正確でスピーディーな作業が可能…といった事が挙げられます。

これらの事からも、切りたくない、縫わずに植毛をやりたいという人にピッタリ。
メスを使わないので傷跡が目立つこともなく、治りも早くきれいです。

また、移植する髪をできるだけ無駄にしないで有効活用したいと思っている人や、医師による技術力に不安を感じている人にもおすすめです。

なにせ、ドナーの毛根が切断されてしまうと例え移植できても生着する可能性が低くなり、正常なヘアサイクルがおこなわれない可能性も高くなるのです。

一方デメリットとしては、他の植毛方法に比べると値段が高くなってしまう事、ドナーの採取が広い範囲で短く切られてしまう事、そして日本国内ではあまり取り入れられていないといった事が挙げられます。

できるクリニックが少ないということは、選べるクリニックが限定されてしまうという事であり、遠い場所にあるとなると大変。予算オーバーしてしまう、広い範囲で採取されるのに抵抗がある人にはちょっと向いていないかもしれません。

植毛自体が健康保険の対象外なので、もともと高いARTASだとさらに負担が増えます。
優れた植毛技術とはいえかかる費用が高いので、予算によっては限定した場所しかできないこともあるのです。