植毛失敗率はどっちが高い?

自毛植毛の失敗率

自毛植毛の失敗率は10%ほどといわれており、成功率が90%ととても高いものとなっています。
その安全性も高く、薄毛を克服するには最も高い治療法だといわれていのもこのためです。

ただ、そうはいっても植毛にはさまざまな方法がありクリニックによって違うので、その失敗率と成功率は多少の違いはあります。それでも、人工植毛のように拒絶反応がでるわけではないので安心。それが失敗率を低くし、成功率を高くしているのです。

多くのクリニックがFUT法を採用していますが、これは生着率が95%といった高い確率を誇っているからであり、後頭部や側頭部のAGAの心配がない生きた毛根を薄く切り取り、手作業で株分けして薄毛が気になる部分に移植します。

採取から移植までの間、毛根には血が流れないことになるので、いかにこの時間を短くするかどうかがで頭皮への生着率が決まるといえます。
短ければ短いほど、自毛植毛の失敗率も低くなるのです。

つまり、どれだけスピーディーにできるかどうかで失敗率が変わってきます。
ロボット植毛であればスピーディーに採取できるのですが、医師の手でおこなう場合はざっくりとまとめて採取することが多く、こちらも決して遅くはありません。
ただし、傷が残るか残らないかが後々問題になりますが…。

大きく差がつきやすいのは株分けと移植であり、慎重になり過ぎてゆっくり丁寧にやりすぎてしまうと、成功率がどんどん下がって失敗率が上がっていくものとなります。
逆にスピーディーにできるところは成功率も高いものとなっています。もちろん、早いだけでなく正確にできる技術も必要です。

もしも失敗したら?

自毛自殖の成功率は高いものとなっていますが、絶対に失敗しないということではありません。
人によっては傷跡が醜く残ってしまったとか、髪の毛が定着したものの変な感じの生え方になった…など、少ないながらも失敗した話はあるのです。

術後の仕上がりに満足できるかどうかは、医師の腕と経験によって決まるといえます。
その為、どこで植毛をおこなうのか選ぶ際には、慎重におこなわなければいけないのです。

また、移植したすべての髪の毛が定着するわけではないので注意が必要
健康な人の髪でも1日に50本~100本ほどは抜けているのですから、移植した髪の毛もある程度は抜け落ちていきます

これは異常ではないので、「自毛自殖に失敗した!」なんて勘違いしないように注意が必要。
ただ、あまりにも抜ける毛が多かったら、施術したクリニックに相談するようにしましょう。