植毛方法によるメリット・デメリット

クリニックなどでおこなわれる、薄毛を解消するための自毛植毛には「ニードル法」、「ストリップ法」、「ダイレクト法」と種類があり、どれを選ぶかで治療はもちろん移植方法や仕上がりも違ってきます。

どの方法を選ぶにしてもメリット・デメリットがありますので、どちらもよく理解して選ぶようにしましょう。

ニードル法(Choi式)

ニードル法は、1992年に韓国で考えられた植毛方法です。

専用の細い植毛針を使い、穴を開けて植え込みを同時におこなっていきます。
開発者の名前をとって、「choi式」と呼ぶこともあります。

他の方法は複数本生えている毛穴(専門用語でマイクログラフトとも呼ばれています)の、周囲の組織をまるごとドナーとして使うのに対して、ニードル法では毛髪1本ずつ使うといった大きな違いがあります。
これは、別名シングルヘアグラフととも呼ばれています。

メリットとしては、専用の植毛針で穴開けと植え込みを同時にできるので、かかる時間も少なくなります
細いとはいえ生え際よりも自然な見た目を作る事が出来ますし、移植した後も目立ちにくいもの。
ただ、移植できる密度は決まっており、できる髪の毛の種類も細い1本毛のみと限られているので、太い髪質の人は難しいです。
細い髪の毛しかできないということもあり、地肌が見える不完全な状態に…。

1本ずつおこなうので、かかる費用も高額となります。
しかも、他の植毛に比べて、ショックロスといった一時的な脱毛がおこる可能性が高く、生着もすぐにはできません。

ストリップ法(FUT)

ストリップ法では、ドナーを採取してスリットを作成し、それから移植…といった順番でおこないます。
採取場所は、後頭部でAGAの影響を受けていない部分。
メスで短冊状にまとめて切り取り、切り取った部分は皮膚を引っ張って縫合します

採取した毛髪はマイクログラフト単位で分け、移植する部分にはメスで小さなスリットを作り分けた毛髪(ドナー)をピンセットで差し込んでいきます。

メリットとしては、一度に多くの毛髪を採取するので時間も短く、施術する医師に負担があまりかかりません。料金も比較的安くなっています。

採取されたドナーにはさまざまな種類の毛髪が含まれているので、その中から質の良い毛髪を選んで埋め込むことが可能です。
ただ、後頭部で採取し縫合した部分には髪が生えてこないので、傷跡が一生残るものとなります。
施術による痛みは、麻酔が効いているのでそこまで強く感じることはありません。

ダイレクト方法(FUE)

ダイレクト法では、毛髪を採取してホールを作成、そして移植をおこないます。

ストリップ法と似ているように思えますが、ダイレクト法では特殊な器具、口径が1mm前後のチューブ型パンチを用います。それでマイクログラフトを採取し、移植する部分に新しい毛穴を作り植え込んでいきます

ドナーには、AGAの影響を受けていない毛髪を選び、さらに移植する部分に合わせて1本毛~4本毛まで適切なドナーを選びます。
毛穴がなくなってしまった部分にも、再び毛穴を作り植毛することも可能と、希望に合わせた施術がおこなえるのです。

メリットとしては、採取するドナーの大きさはもちろん、移植した後の毛穴が整ったきれいな仕上がりになるといわれています。
メスなども使わないので、痛みが少ないだけでなく手術痕もわかりにくいものとなっています。
ただ、広範囲に大量の植毛をおこなうのにはあまり向いておらず、医師の技術力が高くないと難しいものとなっています。

が、最近ではARTAS(アルタス)などの植毛ロボットが活躍するようになってきており、心配されているデメリットも少なくなってきています。