ロボット植毛と普通の植毛の料金比較

ロボット植毛と医師による植毛にかかる費用の違い

自毛植毛、いわゆるヘアー・トランスプラントでは、移植する毛穴の単位をグラフとと呼んでいます。個人の頭髪状況による毛穴から出ている髪の毛の本数や、クリニックの採取技術や選別技術も異なるため、グラフと単位は一概にいうことはできません。

一般的な平均値としては、日本人は平均の「1グラフ=2本」の髪の毛がでているとされています。
ちなみに、クリニックによってグラフとの事を「株」といった呼び方をしているところもあり、どれくらいの移植をするかで金額が変わってきます。

また、クリニックによっても違いますが、ロボット植毛を取り入れているあるクリニックでは、ロボット植毛(ARTAS植毛)で100グラフト(200本)~2,000グラフト(4,000本)28万~280万ほど。通常の自毛植毛では18万~210万ほどと、ロボット植毛の方が金額的には多くなっています。

植毛には健康保険が適用されない

植毛は基本的に保険が適用されませんので、自由診療となります。
その費用はクリニックによって自由に設定できるものとなっているので、いくらかかるのか一概にいうことはできません。
各クリニックで比較検討していくこととなります。

ちなみに、事故ややけどが原因で植毛を受けるとなると保険が適用されます。
ただ、円形脱毛症は基本的には植毛の適用外ですので、手術そのものを受ける事ができないものとなります。

円形脱毛症の原因はストレスや免疫機能の異常といわれているので、いくら植毛手術をおこなっても再び抜けてしまう可能性があるのです。
植毛した毛根を異物と勘違いしてしまい、抜けてしまうのです。

植毛にかかる費用は、どれほどのグラフト数が必要かによって左右されます。
必要なグラフト数に1グラフト数あたりの費用をかけた金額…といったところ。
これに基本料金が加算されます。

クリニックにもよりますが、一般的な手術料金としては20万円程度、そしてグラフト1株あたりの値段1,000円~1,500円前後となっています。
また、クリニックによってはグラフト単位で表示していないところや、手術基本料が不要といったお得なところもあります。

さらに、グラフト単位での比較する際には、その大きさもチェックしておきましょう。
実は、1グラフトあたりの大きさはクリニックによって異なる事もあるのです。
同じ大きさでないということは、1グラフトあたりに含まれる髪の本数も違ってくることなり、おのずとトータルで計算した際の値段も異なるものとなるのです。