植毛ロボット「アルタス」と従来の医師が行う植毛の違い

植毛ロボット・ARTAS(アルタス)とは?

ARTAS植毛と医師がおこなう植毛は、分類上異なるものとなっています。

ARTAS植毛では「FUE」という植毛法に分類され、医師による植毛は「FUT」という植毛方法に分類されます。FUEをロボットの手を使わず医師の手だけでやるには高い技術が必要なので、日本ではほとんどがFUTによる植毛をおこなっています。

ちなみに、日本以外の国では、医師の手によるFUEをおこなう事も少なくないようです。

FUT植毛とはどんなものかというと、移植する毛根の株を皮膚ごと切除してドナーにする方法。後頭部から採取するので、線状の長い傷ができてしまいます。

では、FUE植毛はどんなものかというと、移植する株を1株ずつ細い針で採取する方法
FUT植毛と異なり、傷跡がほとんど残りません
ただ、作業内容がとても細かいので時間がかかり、熟練した医師がおこなわないと上手くいかない事も…。頭部だけでなく採取した毛根も痛めてしまう可能性があるのです。

FUTでは高度な技術と時間が必要となるので、効率的におこなう為にもロボットの力が必要。
人の手では難しい植毛技術も、ロボットなら正確でスピーディーにおこなう事ができるのです。
それが「ARTAS(アルタス)」です。

ARTASと医師の手による植毛の大きな違い

ARTASと医師による施術の大きな違いは、傷跡が残るかどうかです。

FUTではどうしても傷跡が残ってしまい、目立たないとはいえ気になってしまいます。
常に気になってしまう人も多く、精神的にも大きなダメージとして残りがち。
あまりよく知らずに、「薄毛を改善できるのであれば…」といってFUTを受ける人がいますが、これは薄毛から傷跡に悩みが変わってしまうなんてことになりうるので要注意

傷跡があることできなくなるのが、坊主や短髪といったヘアスタイルです。
薄毛が解消されても髪型を自由に選べなくなるのはちょっと不自由に感じる事も…。
長い目で見た時に、できるだけ傷を残さない方法を選択したほうがいいのです。

ARTASなら傷跡が残らないので、坊主でも短髪でも自由に楽しめます。

ちなみに、過去にFUTを受けて傷跡が残ってしまった部分に、ARTASで植毛してほしいといった希望を出される方もいます。
これはできないことはないのですが、通常よりも定着率が悪くなってしまいます。
まだARTASよりもFUTでやる方が多いですが、それは導入されている医療機関が少ないせいもあります。

植毛病院を知りたい人はこちら